Fandom


非公認戦隊アキバレンジャー > アキバレンジャー > 赤木信夫
非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 > アキバレンジャー > 赤木信夫
 
Akagi Nobuo
アキバレッド
赤木信夫
性別:
戦隊: 非公認戦隊アキバレンジャー
色: レッド
出身地: 地球(現実世界)
初登場: 第1話 痛さは強さ
最終話: 最終痛 妄想集編
登場話数: 26
登場話一覧
演者: 和田正人
鈴木福(幼少期)
AkibaRed


"今は公認より非公認!アキバレッド!!"
―ロールコール[src]
"葵タン独り占め!超!アキバレッド!!"
―初強化変身時[src]

赤木 信夫(あかぎ のぶお)はアキバレッドアキバレンジャーのリーダーである。

性格編集

運送会社「佐々木ポンポコデリバリー」で働く会社員。引先の社員である本位田さやかに片思い中で、非常に高い妄想力を持つ1983年生まれの29歳。「スーパー戦隊シリーズ」と「にじよめ学園ズキューーン葵」の大ファンで、伊狩鎧にも負けない戦隊知識を持つ。普段も仕事中も、常に白マフラーにフィンガーレスの黒グローブを身につけるなど痛い服装を身につけており、さらに言動にもオタクらしい痛々しさが見え隠れするものの、ノリが良く素直で面倒見も良く、戦隊と葵以外のことでは年相応の常識も持ち合わせている。その一方で、ボーイズラブに対する耐性は全く無い。

経歴編集

Ak1

ツルテカに目覚める信夫

1988年、5歳の信夫は「超獣戦隊ライブマン」に登場するサポートロイド・コロンに恋し、ツルツルテカテカでメカ的な女の子の魅力に目覚めた。

アキバレンジャー編集

秋葉原で仕事中、葉加瀬博世からアキバレンジャーに突然スカウトされた信夫は、青柳美月萌黄ゆめりあと共にMMZ-1 モエモエズキューーンを用いて変身する。テンションの上がった3人は、地球を守るヒーローとなり活躍を認められ、テレビで放映され公認戦隊となる事を夢見て、邪団法人ステマ乙係長である渋谷セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシを撃破した。勝利に湧き立つ信夫たちであったが、博世は彼らに、アキバレンジャーへの変身も戦いも全て妄想でしかないことを告げる。第1話 痛さは強さ

妄想内で努力しても公認戦隊になれるわけがないと落ち込む信夫であったが、博世の仕込みによるデカレッドの励ましを受け続けることを決意、マシンイタッシャー渋谷コウゾリナヒゲナガアブラムシが暴れる現場へと急行すると、溢れ出す妄想力で妄想世界にデカレッドを現出させ、彼から託されたデカレンジャー大それた力・デカワッパーを用いて勝利した。第2話 再起する痛魂が喚ぶ赤き妄想のフルブラスト

飲み会帰りに歌舞伎町メスグロヒョウモンチョウと遭遇した信夫は、酔ったまま妄想しボウケンレッド・開運フォームを妄想世界へと呼び出し、彼と協力して係長を退散させた。酔って理性を失えばより強い妄想が出来るのではないかと博世に酒を勧められた信夫とゆめりあは、酒を煽りべろべろに酔っ払い、係長との再戦においてはほとんど役に立たなかった。第3話 痛タッ!酔いどれヒーロー大冒険!!

美月から彼女の合宿中の妄想を禁じられた信夫であったが、ゆめりあのメレのコスプレを目にしたためにエロ妄想が止まらなくなり、門前仲町ハシビロコウを呼び出してしまう。美月を欠いた2人は大いに苦戦するが、来れないはずの美月が駆けつけたおかげで無事係長を撃破した。第4話 禁じられた妄想は青い背徳の痛み

東映東京撮影所への配達の依頼を受けた信夫は、公認様の空気に触れさせるべく美月を連れて行く。そこで新堀和男と出会ったことに感激した信夫は、下北沢ホヤとの戦いにおいてレッドホークを呼び出し、彼から託されたジェットマンの大それた力・ジェットウインガーを用いてホヤを撃破した。第6話 はばたけ大御所!妄想撮影所の痛い罠

代々木スジボケハシリグモとの戦いにおいてより妄想力を高ぶらせた3人は、遂に妄想世界の壁を破り変身したまま現実の世界に現れてしまう。現実にヒーローとなった事に湧き立つ3人がたむろするひみつきちに、東映塚田Pから取材の申込が入る。第7話 妄走イタッシャー限界突破せよ!

取材は博世によって断られてしまったが、諦めきれない3人は最弱の係長・月島アルパカを1人前に育て上げ、彼との激戦の末に再び妄想と現実の壁を破り、数多くの一般人の目に触れる事に成功する。第8話 痛き特訓の絆は公認ロードの陰謀交差点

博世は3人からMMZ-01を取り上げ戦隊の解散を一方的に宣言する。公認様になる夢を諦めきれない信夫は、謎の男からMMZ-1を受け取り、都合よく現れた浅草アルパカと意気揚々と戦うが、その結果として現実世界に浅草アルパカを放ってしまう。係長が現実世界で暴れているのは自分のせいだと後悔した信夫は、自分の妄想の責任を取るべく、単なる妄想装置でしかないMMZ-1を使用し現実世界でアキバレッドへの変身を成し遂げ、浅草アルパカを撃破した。第9話 痛戦隊、解散。

ステマ乙の首領・ドクターZの登場に盛り上がる信夫の下に、ペンタゴンことアメリカ国防総省からスカウトの電話が入る。信夫は博世の異母弟である都築タクマに役目を託し、不本意ながらアメリカ合衆国へ行くこととなった。第10話 非痛なるZの呪い―そして新章へだが空港に向かう途中で偶然遭遇したマルシーナとの会話の中で、この展開が番組外現実によるテコ入れフラグであることに気づき、自分達の活躍が「非公認戦隊アキバレンジャー」という番組であることに気づいた信夫は仲間の元へ駆けつけ、この真実を告げた。第11話 二代目はサワヤカ無痛戦士

番組外現実の黒幕・八手三郎に立ち向かう決意を固めたひみつきちの面々は、ありとあらゆる手段を用いて番組の延命を図る。だがどれもこれも失敗に終わり、さらには番組を終わらせるべくデリューナイトがアキバレンジャーに最後の戦いを挑んでくる。決着を先送りにするためにイタッシャーロボを自爆させるなど手段を選ばぬ延命策を講じるアキバレンジャーであったが、アキバイエローが投げた空き缶をきっかけに巨大ロボ・ブーメランタイタンが破壊されデリューナイトも死亡、ドクターZは博世と和解し、戦うべき敵を失ってしまうかに思われたが、最後に残ったマルシーナと6ヶ月間ダラダラと戦い続けることを約束し延命に成功した。痺れを切らした八手三郎は強引に「オワリ」の文字を番組内に放り込み、強制的に番組を終了させた。第12話 最痛回 さらば妄想戦隊

シーズン痛編集

3日と7時間にも及ぶ大激闘の末、アキバレンジャーは邪団法人ステマ乙を打ち倒した。その9ヵ月後、本位田さやかはブータンへ、美月はペンタゴンへと旅立ちゆめりあとは疎遠になり、やる気を失っていた信夫であったが、そんなある日、「五星戦隊ダイレンジャー」が「五星戦隊アキバレンジャー」に改変されている事に気づき、驚愕する。第1痛 妄想大戦

ブルーレイ係長に遭遇し9ヶ月ぶりに重妄想した信夫であったが、敵の特殊能力を前に手も足も出ず敗れ、さらにはご当地マスコットにまで落ちぶれた元リュウレンジャーことチャイナレッドと遭遇し意気消沈する。だが新たなブルーとして石清水美月(ルナ)をスカウトし、さらにゆめりあこと横山優子が復帰し、3人となったアキバレンジャーは係長を撃破する。そこへ「五星戦隊アキバレンジャー」の没キャラにまでその存在を堕とされたキバレンジャーが現れ、恨みの感情のままに信夫たちに襲い掛かってきた。第2痛 妄想中華スーパー戦隊オタクの知識を活かした茶番劇で、リュウレンジャーとキバレンジャーの記憶を取り戻した信夫は、彼らから託されたダイレンジャーの大いなる力・ダイレンボンバーでHvD編集長を撃破した。第3痛 妄想拳劇

優子の結婚式に呼ばれなかったことにショックを受け、「にじよめ学園ズキューーン葵」の新劇場版への期待を心の拠り所にしようとする信夫であったが、スマホモンガーに新劇場版のネタバレ感想を強制的に見せられ絶望する。だが優子が信夫のために執筆した同人誌「真劇場版ズバーーン葵」を読んだ事で葵への愛を取り戻し、スーパーアキバレッドへと強化変身、スマホモンガーを撃破した。第4痛 妄想女神

ルナの「戦隊の元祖はアメリカの作品である」との思い込みが妄想世界に反映された結果、戦隊は恥知らずな日本がアメリカから丸パクリした後ろ暗い作品となってしまう。信夫と優子は、パワフルレンジャーへと改変されてしまった戦隊シリーズを元に戻そうと、変身が解けても必死に戦隊に対する愛を叫び続け、最期は出来のいい玩具版獣奏剣の音色を用いてティラノレンジャードラゴンレンジャーを正気に戻した。その一方で信夫は、前回の怪人に多少のアレンジを加える事で新たな怪人であるクニマスマホガニーを生み出した敵の親玉に興味を持った。第5痛 妄想輸入

信夫のツルテカ好きをピンポイントに突いた怪人・ユルキャラジゲンを前に手も足も出せずに敗れ去る。しかし葉加瀬がアルバイトとして雇ったベテランナレーター・田中信夫の実況に魂を奮い立たせた信夫は、怪人を見ないようヘルメットのゴーグル部分を黒い紙で覆う事で弱点を克服、怪人を撃破した。第6痛 妄想娘娘

十の槍・ハーデズキンが登場した影響で一週間が10日となり、特撮ソングが禁止される海曜日が制定され、ノビノビマン体操が歌えなくなってしまった。第7痛 妄想間者

モーションキャプチャーによって名悪役スーツアクター・岡本美登の動きの全てを手に入れた時の拳魔ムトウムシテに大苦戦する。しかし彼が岡本さんから「散る美学」まで吸収している事を見抜いた信夫は、夕日のセットをバックに1対1の決闘を挑み撃破した。第8痛 妄想美闘

バロスwの首魁・ツー将軍の本拠地に乗り込んだアキバレンジャーであったが、逆に敵の妄想世界に取り込まれてしまう。さらに妄想世界の季節を、新ロボの華々しい登場のために1号ロボが弱体化する12月に強制的に進められてしまい、イタッシャーロボでは巨大ロボ・シーラカンスカンスに敵わなくなってしまう。しかし葉加瀬がなけなしの予算から用意した2号ロボ・イタッシャーボーイの活躍によりどうにか敵を撃破した。第9痛 妄想弐號

マルシーナがツー将軍から戦隊の知識を奪い、現実世界のスーパー戦隊シリーズをマルシーナが主役の「スーパーマルシーナシリーズ」へと改変し、スーパー戦隊シリーズそのものが消滅した事に大きなショックを受け、信夫は家に引きこもった。しかし仲間の笑顔とスーパー戦隊シリーズを取り戻すために、復活したデリューナイトに挑むルナと優子の声を聞いた信夫は勇気を取り戻し、ルナの「冥土の土産」という発言からデリューナイトの逆フラグの仕組みを見抜き見事勝利した。第11痛 妄想墓地

八手三郎をハニートラップで篭絡したチガウヨープロダクション制作の新番組「非公認巨神プリズムA」の主人公・プリズムAに対し、VSシリーズの形式を用いることでアキバレンジャーは直接対決を挑んだ。ツー将軍の肉体を通じて番組世界に鑑賞してきた八手の協力を得て巨大化した信夫は、プリズムAを敗者の立ち位置である画面の左側に立たせ、勝利フラグを得て勝利した。だが、その代わりにプリズムAが新番組内で戦うはずであった宇宙艦隊と戦う羽目になってしまう。イタッシャーロボに乗り込み宇宙へ飛び出したアキバレンジャーは、敵の中で最も巨大な戦艦と共に太陽に突っ込み、3人とも死亡した。第12痛 妄想使徒

アキバレッド編集

Akiba-red

アキバレッド

"ズッキューン!"
―変身時の音声

装備編集

メカ編集


Makeshift AkibaRed

紙製のアキバレッド

モエモエズキューーンを博世に没収されてしまったが、塚田英明プロデューサーの声真似をしたマルシーナから「変身後の姿でお会いしたい」と連絡を受けた信夫は、アバレピンクとなった今中笑里のように自作のコスチュームを製作し、会う事を目論んだ。だが、結局近所の子供に笑われただけであった。


Akiba-superred

超アキバレッド

"ズバーーン!"
―変身時の音声

信夫の市川葵への愛と、市川葵の信夫への感謝が増幅して通常の4倍のパワー(自称)を発揮するパワーアップ形態。

装備編集


舞台裏編集

演者編集

赤木信夫を演じるのは和田正人、幼少時の信夫は鈴木福が演じている。

アキバレッドのスーツアクター和田三四郎

レソジャーキー編集

AkibaRed Ranger Key

アキバレッドレソジャーキー

アキバレッドレジャーキーは、アキバレッドを模して製作されたレソジャーキー。非公認戦隊のものであるため、当然モバイレーツをはじめとするレンジャーキー対応商品には対応するどころか挿さりもしない。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。