スーパー戦隊シリーズ Wiki
Advertisement
スーパー戦隊シリーズ > 特命戦隊ゴーバスターズ
Gobuster title card.png
特命戦隊ゴーバスターズ
通算 36
話数 50
第一話 Mission 1 特命戦隊、集結せよ!
最終話 Final Mission 永遠のキズナ
放映日 2012年2月26日
PR パワーレンジャー・ビーストモーファーズ
Go-Busters Promo Poster.jpg
放映順
前作
海賊戦隊ゴーカイジャー
次作
獣電戦隊キョウリュウジャー

特命戦隊ゴーバスターズ(とくめいせんたいゴーバスターズ)は、2012年2月26日から2013年2月10日にかけてテレビ朝日系列で放送されていた東映制作の特撮テレビドラマ。スーパー戦隊シリーズ第36作目。

概要[]

モチーフは「スパイ」。亜空間からやってきた悪の支配者と、それに立ち向かうプロフェッショナルな特命戦隊が戦う姿を描く。これまでの戦隊を振り返る総括的な35周年記念作品「海賊戦隊ゴーカイジャー」の次作品ということで、「戦隊の変革」を目指し様々な新要素が取り入れられている。

あらすじ[]

日本によく似た別世界の新西暦2012年、都市部のエネルギーは新時代のクリーンエネルギー・エネトロンによってまかなわれ、エネトロンは人類にとって欠かせない存在となっていた。悪の組織・メサイア率いるヴァグラスがエネトロンを狙い現世へと侵略を開始した。エネルギー管理局はこの事態に備え、3人の若者からなるプロフェッショナルチーム・特命戦隊ゴーバスターズを育成していた。ゴーバスターズは、管理局特命部の面々や相棒のバディロイドと共にこの侵略の尖兵を駆除する日々を送っていたが、そんなある日、13年前の事件以降消息不明であったエンジニア・陣マサトとそのバディロイドのビート・J・スタッグが現れる。亜空間へ転送された人々がまだ生きている可能性を知ったゴーバスターズの3人は陣たちと共に、ヴァグラスの脅威に立ち向かっていく。

登場人物[]

ゴーバスターズ[]

5人のゴーバスターズ

詳細はゴーバスターズを参照

変身後 本名 演者
レッドバスター 桜田ヒロム 鈴木勝大
ブルーバスター 岩崎リュウジ 馬場良馬
イエローバスター 宇佐見ヨーコ 小宮有紗
ビートバスター 陣マサト 松本寛也
スタッグバスター ビート・J・スタッグ 声:中村悠一

仲間たち[]

バディロイド[]

詳細はバディロイドを参照

  • チダ・ニック(声:藤原啓治
  • ゴリサキ・バナナ(声:玄田哲章
  • ウサダ・レタス(声:鈴木達央
  • ビート・J・スタッグ
  • エネたん(声:辻希美

エネルギー管理局[]

詳細はエネルギー管理局を参照

  • 黒木タケシ榊英雄
  • 森下トオル高橋直人
  • 仲村ミホ西平風香

家族[]

  • 桜田リカ吉木りさ / 13年前:水本凜
  • 桜田ヨウスケ山中聡
  • 桜田ミチコ細越みちこ
  • 宇佐見ケイ上野なつひ

銀河連邦警察[]

  • 宇宙刑事ギャバンType.G / 十文字撃石垣佑磨
  • 宇宙刑事シャリバン / 日向快三浦力
  • シェリー森田涼花

別次元のゴーバスターズ[]

詳細は動物戦隊ゴーバスターズを参照

変身後 本名 演者
レッドチーター 桜田ヒロム 鈴木勝大
ブルーゴリラ 岩崎リュウジ 馬場良馬
イエローラビット 宇佐見ヨーコ 小宮有紗
ゴールドビートル 陣マサト 松本寛也
シルバースタッグ ビート・J・スタッグ 声:中村悠一
グリーンヒポポタマス 道明寺アツシ 鈴木達央
ピンクキャット 桜田リカ 吉木りさ
ブラックピューマ 黒木タケシ 榊英雄

ヴァグラス[]

詳細はヴァグラスを参照

  • メサイア(声:佐々木誠二
    • ダークバスター / エンター陳内将
    • エスケイプ水崎綾女
    • メガゾード

その他の悪の組織[]

  • 大ショッカー
  • 大ザンギャック
  • ライノダブラー
  • スペースショッカー

装備[]

カテゴリ:装備 (ゴーバスターズ)

メカ[]

カテゴリ:メカ (ゴーバスターズ)

放映リスト[]

テンプレート:放映リスト (ゴーバスターズ)

ステージショー[]

  • Go-Busters Stage Show at Double Hero Theatre G-Rosso
  • Go-Busters Stage Show at Red Heroes WAKAYAMA Marina-cityble
  • Go-Busters Stage Show at Return of Kaizoku Sentai Gokaiger at Theatre G-Rosso
  • Go-Busters × Kamen Rider Fourze Stage Show at Super Hero WAKAYAMA Marina-cityble
  • Kamen Rider × Super Sentai: LIVE & SHOW 2013

パワーレンジャーとの関連性[]

ダイノスーパーチャージ?[]

With the recent announcement of an extension of Saban Brands' partnership with Nickelodeon and Bandai America stretching Power Rangers to at least 2016, an adaptation of Go-Busters following Power Rangers Super Megaforce was expected to be broadcast in 2015. [1] However, the next season's name has been revealed to be Power Rangers Dino Charge[2] - an adaption of Zyuden Sentai Kyoryuger. It has been reported that elements of Go-Busters will be incorporated into Dino Charge.[3]

パワーレンジャーからの逆輸入要素[]

Go-Busters contains several references to Power Rangers - some obvious, some not overtly stated, and some possibly not intentional. Usually these references refer to 'firsts' in Sentai history of plot devices already in place in Power Rangers.

  • The mecha are called MegaZords. This is for both the heroes and villains. The difference is that the humanoid forms of some individual mecha are also called MegaZords, unlike in Power Rangers where the name refers to a "giant robo", usually a combiner. 'Zord' is used as a suffix for Metaloids' MegaZords, such as Shovelloid's ShovelZord.
    • The term "Zord", which originated in Power Rangers, was also used for the G-Zord in Mirai Sentai Timeranger.
  • The Morphin Brace announces "It's Morphin' Time!" when activated, which was used throughout Mighty Morphin Power Rangers and Zeo, the first two Power Rangers adaptations of Super Sentai shows.
    • Also, the Morphin Brace has a sunglasses theme similar to Jungle Fury, except the Go-Busters don't actually put them on like the Jungle Fury Rangers. However, the sunglasses do form the visor lenses when transforming.
  • The Go-Busters can wear their suits without their helmets. This is similar to how the first Power Rangers frequently appeared helmetless; though the Go-Busters weren't the first Sentai to do so (Go-Onger constituting a recent example).
  • The main villain Messiah is very similar to R.P.M.'s Venjix as they were both computer viruses, not to mention very impatient and angry.
  • Messiah is a floating head from a different dimension, just like Zordon.
  • The Go-Busters have Super Powers (super speed for Hiromu, super strength for Ryuji and super jumping for Yoko) they can access to fight better. This is very similar to the heroes of Dino Thunder, S.P.D., or Operation Overdrive.
    • Unlike the Power Ranger series' powers, however, this series has given the Super Powers Weakpoints, which balance out the overall effectiveness of the Busters. Also, the Busters can use their "Civilian Powers" while transformed.
  • Similar to some Power Ranger seasons, the main monster making method involves using random items.
  • Powered Custom is similar to the Red Sentinel Ranger, a mode in which Mack, the Red Overdrive Ranger, combined with the supporting robot (Sentinel Knight).

メモ[]

Wiki code of Wikipedia's Super Sentai article.

  • 「ゴーバスター」と名前が複数形の戦隊は、本作が初めてである。
  • The Metaloid/MegaZord connection is the first season since Battle Fever J where the giants are actually robotic doppelganger of the smaller monsters.
  • This is the 2nd season where the name of the show starts with "Go-" (including the hyphen). The first one is Go-Onger.
  • 「○○レンジャー」や「○○ジャー」といった名前ではない戦隊は、救急戦隊ゴーゴーファイブ以来となる。
  • ゴーバスターズは、炎神戦隊ゴーオンジャーやそのローカライズ作品であるパワーレンジャー・RPMと共通する要素を持つ。
    • ゴーバスターズとゴーオンジャーはどちらも「ゴー○○」という戦隊名であり、どちらも動物をモチーフとした乗り物型メカを用いて巨大戦を行う。巨大メカには通し番号が付けられており、戦闘終了後、戦士たちはしばしば変身後のコスチュームのままでヘルメットを脱ぐ。ゴールドとシルバーの戦士が追加戦士である。
    • ゴーバスターズとRPMは共に現実とは別次元の世界を舞台とした作品であり、悪の組織のボスはどちらも暴走したコンピュータウイルスである。
  • 中盤でオープニング曲が完全に入れ替えられた作品は、本作が初めてである。激走戦隊カーレンジャーのオープニング曲も途中で入れ替えられたが、これはあくまで既存オープニング曲のアレンジバージョンである。
  • Missions 31と32においては、宇宙刑事ギャバン THE MOVIEとのクロスオーバーが展開された。
  • カエルをモチーフとしたメカが登場する作品は、忍者戦隊カクレンジャー以来となる。
  • 変身アイテムの収集要素が無い作品は、獣拳戦隊ゲキレンジャー以来となる。

脚注[]

外部リンク[]

Advertisement